ProxmoでZFS RAIDZ1のベンチマーク

ProxmoxでSSD*3のZFS RAIDZ1のベンチマークをとる。RAMキャッシュが効いているため、5~10倍くらいの速度になっているが、目安として記録。

UnsafeはVM強制停止すると、NTFSのエラーチェックが走ることがある。Proxmox公式が推奨している、Write Backに帯域リミッターを組み合わせるのが良いかもしれない。

キャッシュなし(既定)

Write back(Unsafe)

Write back

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です