Apache Guacamole パフォーマンステスト

前回のエントリでDockerにデプロイしたGuacamoleの検証をする。

接続確認

ポートを80にしたので、ホスト名入力だけで接続できる。guacadmin/guacadminでログイン。

VMにネイティブインストールする場合と違い、最初から日本語化されていた。

Windows VMへの接続作成

同時接続制限など、新しい項目が追加されていた。GPOで制限するよりも手軽かもしれない。

NLA認証をAnyにして接続。デフォルトだと最軽量の設定。

動作テスト

負荷テストのため、リッチグラフィックの設定にしてみる。

カラー深度とスケーリングの設定も変更。

動画再生は15fps程度。メディアファイルはローカル処理させたほうが良い。

動画再生すると、GuacamoleホストCPU使用率が20%を超えた。メモリは変化なし。

ブラウザのサイズを変えると、解像度もリニアスケールする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です