PowerShellでAD管理用RSATインストール

RSATはクライアントOS専用。Windows Serverでは「役割と機能」からインストールしリモート管理する。今回はWin10マシンを用意した。

現在の状況確認

Get-WindowsCapability -Name RSAT* -Online | Select-Object -Property DisplayName, State

インストール

全てインストールするとそこそこ時間がかかる。

Get-WindowsCapability -Name RSAT* -Online | Add-WindowsCapability -Online

結果確認

RSATツール起動

普通に起動しただけだと次のようなエラーが出た。Ctrl + Shift + 右クリックから「別のユーザで実行」を選択し、DC管理者で実行することで接続ができた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です