PowerShellでリモートサーバーを管理する

Windows ServerはRDP接続して管理されることが多いが、LinuxのようにSSH接続してメンテできれば早い。使用ポートは5985。

ファイアウォールを無効化

接続されるVM側で無効化する(NWセキュリティはルータまたはProxmoxで行う前提)。

Get-NetFirewallProfile | Set-NetFirewallProfile -Enabled false
Get-NetConnectionProfile
Get-NetFirewallProfile | Select Name,Enabled
FWを無効化、現在のNWプロファイルを確認
FWが無効化されていることを確認

WinRMの設定

接続されるVM側でリモートアクセスを有効化する。

WinRM QuickConfig

TrustedHostsの設定

信頼ホストを登録。WokGroup環境のみ必要で、AD参加済みであれば不要。Valueにはお互いのIPアドレスを入れる。PSRemotingも有効化する。

Set-Item WSMan:\localhost\Client\TrustedHosts -Value *
Enable-PSRemoting

リモート接続

Enter-PSSession -ComputerName ws2022-vm

これでRDP接続の画面切り替えをする必要なくリモート管理ができる。GUIに関連するInvoke-Itemなどは使えない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です