ミラー高速パリティのSSD層を4枚で作る ③ベンチマーク編

前回の続き。記憶域スペースのミラー高速パリティでは、一般的にSSD Tierが2枚・HDD Tierは3枚~という構成だが、SSD4枚のミラー(NumberOfColumns=2)でやった場合どうなるか、仮想ディスクでテストする。

Hyper-VのVMリスト確認

Get-VM WS* | Sort-Object Name -Descending
Windows Serverを意味するWSという名前で検索

VHDXをVMにアタッチ

SAS扱いなのでVM起動中でもOK。

Add-VMHardDiskDrive -VMName "ws2022-vm" -Path D:\VHDX\SSD1.vhdx
Add-VMHardDiskDrive -VMName "ws2022-vm" -Path D:\VHDX\SSD2.vhdx
Add-VMHardDiskDrive -VMName "ws2022-vm" -Path D:\VHDX\SSD3.vhdx
Add-VMHardDiskDrive -VMName "ws2022-vm" -Path D:\VHDX\SSD4.vhdx
Add-VMHardDiskDrive -VMName "ws2022-vm" -Path D:\VHDX\HDD1.vhdx
Add-VMHardDiskDrive -VMName "ws2022-vm" -Path D:\VHDX\HDD2.vhdx
Add-VMHardDiskDrive -VMName "ws2022-vm" -Path D:\VHDX\HDD3.vhdx

ストレージQoSを設定

VHDXファイルごとに速度制限をかける(理由は前回エントリの通り)。

IOPSとMB/sの変換はこのツールで可能。Hyper-Vは8KB基準とのこと。ProxmoxはMB/sで指定できるので不要。
https://wintelguy.com/iops-mbs-gbday-calc.pl

単体VHDXベンチマーク結果

仮想SSDのベンチ結果
仮想HDDのベンチ結果

ランダムがSSD並に早いが、QoSはあくまで上限を決めているだけだからか。VHDX全台に設定して記憶域スペースを再構築する。

メディアタイプ修正

VMにマウントしたVHDXはメディアタイプがUnspecifiedになるので修正。Proxmoxでも同様。

Get-PhysicalDisk -CanPool $True | Where-Object {$_.Size -EQ 1TB } | Set-PhysicalDisk -MediaType HDD
Get-PhysicalDisk -CanPool $True | Where-Object {$_.Size -EQ 512GB } | Set-PhysicalDisk -MediaType SSD

ミラー高速パリティボリューム作成

$VolumeName = 'TestVolume'
New-Volume -StoragePoolFriendlyName $StoragePoolName -FriendlyName $VolumeName -StorageTierFriendlyNames $PerformanceTier.FriendlyName, $CapacityTier.FriendlyName -StorageTierSizes 700GB, 1400GB -FileSystem NTFS -AccessPath "R:" -ProvisioningType Fixed -AllocationUnitSize 4KB

前回との違いはNTFSにした点。ReFS on NTFSはパフォーマンスが落ちるとのこと。

ベンチマーク結果

リードは2倍が出ておりNumberOfColumns =2にした想定通り。ライトはHDD*3のパリティの速度で遅い。次回は障害テストをしてみる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です