ミラー高速パリティのSSD層を4枚で作る ①ディスク準備編

記憶域スペースのミラー高速パリティでは、一般的にSSD Tierが2枚・HDD Tierは3枚~という構成だが、SSD4枚のミラー(NumberOfColumns=2)でやった場合どうなるか、仮想ディスクでテストする。

VHDX作成

New-VHD  "D:\VHDX\HDD1.vhdx" -SizeBytes 1TB
New-VHD  "D:\VHDX\HDD2.vhdx" -SizeBytes 1TB
New-VHD  "D:\VHDX\HDD3.vhdx" -SizeBytes 1TB
New-VHD  "D:\VHDX\SSD1.vhdx" -SizeBytes 512GB
New-VHD  "D:\VHDX\SSD2.vhdx" -SizeBytes 512GB
New-VHD  "D:\VHDX\SSD3.vhdx" -SizeBytes 512GB
New-VHD  "D:\VHDX\SSD4.vhdx" -SizeBytes 512GB
Get-FolderSize D:\VHDX | Sort FullPath
HDDはパリティ用に3枚作成

ダイナミックVHDXなので初期容量は4MBのみ。

VHDXをマウント

Mount-VHD D:\VHDX\HDD1.vhdx
Mount-VHD D:\VHDX\HDD2.vhdx
Mount-VHD D:\VHDX\HDD3.vhdx
Mount-VHD D:\VHDX\SSD1.vhdx
Mount-VHD D:\VHDX\SSD2.vhdx
Mount-VHD D:\VHDX\SSD3.vhdx
Mount-VHD D:\VHDX\SSD4.vhdx
Get-PhysicalDisk -CanPool $True | Where-Object {$_.BusType -Like "*Virtual*"} | Sort-Object Size -Descending | Format-Table Number,BusType,FriendlyName,SerialNumber,MediaType,Canpool,Size,HealthStatus

ちなみに今回はWhere-Objectで仮想ディスクを拾っているが、以下のようにすればNVMEとSATAを指定して、物理ディスクのみが拾えそう。

Get-PhysicalDisk | Where-Object {($_.BusType -Like "NVME") -OR ($_.BusType -Like "SATA") } | Sort-Object Size -Descending | Format-Table Number,BusType,FriendlyName,SerialNumber,MediaType,Canpool,Size,HealthStatus
マウント結果

メディアタイプを修正

HDD層として利用予定の仮想ディスクがSSDと認識されているので修正する。

Get-PhysicalDisk -CanPool $True | Where-Object {$_.Size -GT 999GB }
Get-PhysicalDisk -CanPool $True | Where-Object {$_.Size -GT 999GB } | Set-PhysicalDisk -MediaType HDD
「999GB以上」といった条件は適宜変更する

状態を確認

CUI
GUI

Primordialは「プール未割当て」という意味。次回は記憶域プールを作成する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です