ミラー高速パリティのSSD層を4枚で作る ②プール作成編

前回の続き。記憶域スペースのミラー高速パリティでは、一般的にSSD Tierが2枚・HDD Tierは3枚~という構成だが、SSD4枚のミラー(NumberOfColumns=2)でやった場合どうなるか、仮想ディスクでテストする。

仮想ディスクの状態確認

Get-PhysicalDisk -CanPool $true | Sort-Object Size

記憶域プール作成

$Disks = Get-PhysicalDisk -CanPool $True
$StoragePoolName = 'TestPool'
$StorageSubSystem = Get-StorageSubSystem
New-StoragePool -PhysicalDisks $Disks -FriendlyName $StoragePoolName -StorageSubSystemFriendlyName $StorageSubSystem.FriendlyName

記憶域階層を作成

$PerformanceTier = New-StorageTier -FriendlyName Performance -MediaType SSD -StoragePoolFriendlyName $StoragePoolName -ResiliencySettingName Mirror -NumberOfColumns 2
$CapacityTier    = New-StorageTier -FriendlyName Capacity -MediaType HDD -StoragePoolFriendlyName $StoragePoolName -ResiliencySettingName Parity
Get-StorageTierSupportedSize Performance | FT @{E={$_.TierSizeMin/1GB};L="TierSizeMin(GB)"}, @{E={$_.TierSizeMax/1GB};L="TierSizeMax(GB)"}, @{E={$_.TierSizeDivisor/1GB};L="TierSizeDivisor(GB)"} -AutoSize
Get-StorageTierSupportedSize Capacity    | FT @{E={$_.TierSizeMin/1GB};L="TierSizeMin(GB)"}, @{E={$_.TierSizeMax/1GB};L="TierSizeMax(GB)"}, @{E={$_.TierSizeDivisor/1GB};L="TierSizeDivisor(GB)"} -AutoSize

キャパシティ層 3TB-1TB = 2TB
パフォーマンス層 512GB*2/2 = 1TB
となったことを確認 。

仮想ボリュームとパーティション作成

$VolumeName = 'TestVolume'
New-Volume -StoragePoolFriendlyName $StoragePoolName -FriendlyName $VolumeName -StorageTierFriendlyNames $PerformanceTier.FriendlyName, $CapacityTier.FriendlyName -StorageTierSizes 600GB, 1200GB -FileSystem ReFS -AccessPath "S:" -ProvisioningType Fixed -AllocationUnitSize 4KB

サイズは適当。整合性ストリーム有無については別の機会に検証する。

ベンチマーク結果

Sドライブでベンチマークを図ったところ、ReadはVHDXの配置してあるネイティブSSDと変わらず、Writeはちょうど半分の速度となった。4枚分をミラー書き込みしているからだろうか。VHDXを使う前提でのベンチであれば、以下の設計が必要だったと気づく。

・Hyper-VかProxmoxのVMにアタッチしてディスクごとにQoSを有効にする
・仮想HDDのスループットを100MB/sに下げる
・仮想SSDのスループットを500MB/sに下げる

仮想SSDのIOPSがネイティブSSDの1/4に満たないようにすれば、4枚でも物理ディスク速度がオーバーヘッドにならないので、物理接続に近いベンチが取れそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です