ネストHyper-Vはパフォーマンスが落ちる

Windows Server2022のHyper-Vで以下のコマンドでネスト仮想化を有効化し、Proxmoxでベンチマークを取ったところ、ディスク速度は1/2以下になった。

Invoke-WebRequest https://raw.githubusercontent.com/Microsoft/Virtualization-Documentation/master/hyperv-tools/Nested/Enable-NestedVm.ps1 -OutFile C:\Enable-NestedVm.ps1
C:\Enable-NestedVm.ps1 -VmName "Proxmox"

記憶域スペースで高速化した大容量ディスクをProxmox用のVMプールとして使うのはあまり現実的ではなさそう。また、なぜかキャッシュモードUnsafeのほうがパフォーマンスが落ちた。Virtioドライバ導入済み。

キャッシュモードWriteBack, IOThreadオン

キャッシュモードWriteBack(Unsafe), IOThreadオン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です